純愛コスメティックアニメが面白い

純愛コスメティックアニメ・美肌一族。テレビ東京は入らないので、見たいけど見られない!!と思ってたら、こっそり「あにてれしあたー」で無料放送やってるじゃないですか。IEしか対応してないみたいだけど、さっそく視聴。1話10分くらいなので、全12話なんてへっちゃら。

美肌界の名門・美肌一族の双子の美肌姉妹・17歳の咲と紗羅。美の祭典WBC(ワールド・美肌・チャレンジ)で優勝したのは妹の紗羅だった。

紗羅への憎しみのため一子相伝の美肌七法典を奪い、祐天寺財閥の若き総師・祐天寺龍哉と結婚する咲。祐天寺家は次々と美肌家の事業を奪い、崩壊する美肌家。父の死、心痛から心を病む母。

貧乏アパートに引越し、家計を助けるためにマグロ漁船に乗る紗羅。派遣仕事で訪れた祐天寺財閥関連企業で咲との再会。源剛との運命の出会い。

27歳にして再びWBCに挑戦するために、謎の男・染め吉に特訓を受ける紗羅。果たして咲と紗羅の運命は…。

っていうのが基本ストーリーかな。元は化粧品のオマケ漫画だかケータイ小説みたい(読んだことはない…)ですが、読んだ友人の話によると原作とアニメのストーリーはちょっと違うんだとか。

1話に登場するモブキャラ・メイドの投げやりなデザインが70年代の漫画・アニメっぽい。登場するキャラクターも染め吉が、服装と動物を連れてるあたり「キャンディ・キャンディ」のアルバートさん的な何かを感じるけど、どっちかというと「アタックNo.1」の猪野熊コーチだよね、アレ。

むしろ源剛の「おてんばな掃除婦さんだな♥」に「キャンディ・キャンディ」を感じる私。

ストーリーの古さは70年代漫画か昼メロみたいなノリですが、こういうのは元ネタを知らない若い人でも楽しめるノリでいいですね。沢海陽子さんのナレーションもイイ!!

美肌に関する豆知識は林野庁や農水省の文献が参考文献。それすらも妙に笑いを誘うのはナゼ。とにかく随所に笑いがあって、腹筋が痛い…。

声優さんについては剛役の中村優一さんがやばいくらい棒読み。がんばれ侑斗!「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」の狩野英孝さんが、けっこうキャラに合ってる。オカマのメイク・アーティスト・鎌田マサオ(声:小野大輔さん)が笑える。染め吉(声:菅生隆之さん)は、「地獄少女」の輪入道。

短いアニメなのに挿入歌「姉妹船」「咲のテーマ」とか作ってる、妙な凝り具合。エンディングの「JET★GIRL」も好きー!

でもこれテレビでは深夜通販番組の1コーナー。「深夜番組は美肌の大敵だろう」とか、「美肌一族の視聴者は通販コーナーのヘアアイロンをお買い上げになってるんだろうか?」とか、いろいろ気になるけどまあいいか。

DVDを買わせようとあの手この手で作ってるアニメより、ストーリーもギャグも直球でシンプル。アニメファン向けのアニメをいろいろ見ている私でも、正直面白いと思う。作画がどうとか、声優がどうとかいうけど、結局ストーリーで見てるのよ。

でもアニメ雑誌的にはとりあげるほどのものじゃないので、ちゃんと1ページ記事があったのは私が知る限り「PASH!」だけ。

まあ面白いので、機会があれば見てみるといいですよ「美肌一族」。実写ドラマにならないかなー?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニャンパラリ

夏目友人帳(1期)が先日最終回でした。分割2クールなので、冬に2期開始が決まっているのだとか。制作会社とかスタッフとか1期と同じままだったらいいなー。

1期エンディングの「夏夕空」が「ノスタルジーな夏」という印象だったので、2期のエンディングは変わるだろうけどいい曲だったらいいなーとも思ってみたり。でも冬っぽい曲ってあんまりイメージがないなー、冬。

夏目友人帳はキービジュアルの絵柄なんかはあまり好みじゃなかったのです。でもニャンコ先生が井上和彦さん、エンディング作画が岸田隆宏さんと聞いて「じゃあ、一応チェック」というかんじでした。

人付き合いが苦手な少年・夏目が、祖母の形見の「友人帳(妖怪の名前を綴ったサイン帳)」を巡って妖怪達とかかわっていくほのぼのストーリー。

ああ、すばらしき名前パワー。妖怪の名前を知ることによって、あやかし達を「(ひとからげの)妖怪」ではなく個性を持った存在として認識し、意識が変わっていく夏目。妖怪との交流なんて、異文化(?)交流の最たるものですよ。妖怪の考え方を尊重し、なおかつ自分の考えも主張できて交渉(取引)もできるなら、人間関係なんてなにほどのものでもないですね。

そもそも子供時代の人間関係がうまくいかなかった理由は、「妖怪が見えること」じゃないし。回想シーンを見た印象では「見えること(モノ)」を主張しすぎて、周りの人を不安におとしいれてることが原因。人間関係の基本は「共感」だと思うので、これでは人間関係は上手くいかないのも当然。

たいていの場合、他人と違う能力が人間関係をダメにするのではなくて、本人の他者に対する接し方に問題があるんですよ。

友人帳の件で他者(妖怪・人間ともに)とつきあわざるをえなくなって、少しずつ他者との付きあい経験を積んで。1期最終話「秋の夜宴」では、友人・田沼に半ばなりゆきとはいえ「見えること」を打ち明けられるまでに成長した夏目。

妖怪の友人帳はずいぶん薄くなったかもしれないけれど、人間の友人は少しずつ増えていきそうな予感で終わってました。

ところで、田沼の家で出されたお茶菓子は「誉の陣太鼓」みたいでしたね。

原作未読なのでホントかどうか知りませんが「夏目友人帳の舞台は熊本らしい」というウワサをききました。それで熊本の和菓子が登場したのかも?

夏目友人帳(キャラベリーズ)(設定資料集ほか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大合唱?大熱狂!?ヤッターマン

わくわく宝島「ヤッターマン スペシャルステージだコロン!」見てきました。近くまで行く用事があったので、時間もあったしついでということで。

後からこの記事見てビックリ。会場が一体となって大合唱?大熱狂!?…私が見てた場所の周囲の反応とはずいぶん違うなー。もしかして、見てる場所によって温度差あったかも。

私が会場に着いたときは、ステージ前座席の整理券の配布は終了済み。だからステージ横のオープンスペースで立ち見してたんですけど。ステージ前のお客さんの反応も見えた位置でした。

内容は2部構成。1部が山本正之さんとリメイク版3代目オープニングを歌っている西尾夕紀さんのライブ。2部がヤッターマンのキャラクターショー。

ライブの観客は大人しいかぎり。手拍子してない人もいたし。だって、観客は一般人の幼児~小学校低学年とその親が中心。親世代は「なつかしいなー」のなごやかムード。皆さんおとなしい。

歌は全部で4曲だったかな。そのうち「ヤッターマンの歌」が3曲…。いくら歌手・バージョン違いとはいえ、これってどうなの?客席のテンションが低めなのはそのせいだったかも?大人の方がうれしそうだったというのはそのとおり。

大合唱ね…?山本正之さんが「ヤッターマンの歌」を歌ったとき、合いの手を入れる部分で客席にマイクを向けてましたけど、合いの手入れてる人は…。

私の近くにいた「山本正之ファン」風の人が1度だけ、「オー!」と合いの手入れてましたが、横の人がビクッと引いてました。そのくらい一般人向けの雰囲気。

アニメファンが集まるイベントだともっとノリがいいはず。この程度で大熱狂、大合唱といわれるとかなり違和感。

メインの客層のこの日の行動はおそらく午前中に会場着。「わくわく宝島」のOBPに点在するあちこちの会場を回って、並んで、昼食とって。雨のち曇りだったはいえ、それなりの暑さ。子連れにはかなりキツイ状況。ライブの開始はそろそろ疲れがたまってくる時間帯。仕方ないですよ。

「山本さん?誰?」といってる子もいたし。オリジナルのヤッターマンを知らない子供たちからしたら、見たことない知らないおじさんがヤッターマンの歌を歌ってるわけだから無理ないですね。

でもヤッターマンが不人気というわけではなくて、キャラクターショーには子供達が大きな声援をあげてましたよ。

ところで、西尾夕紀さんはただの演歌歌手じゃなくて、ものまねもする人なんですね。

山本正之さんと西尾夕紀さんが二人で「天才ドロンボー」を歌ったのですが、西尾夕紀さんのドロンジョ様パート(「頭はさえてるよ」あたりの)が上手い!すごく似てました。

山本正之さんは、音屋吉右衛門版「ヤッターマンの歌」の時にはホームページでグチをこぼしてましたが、西尾夕紀さんの時には制作側とも関係改善されたような雰囲気。西尾さんが録音するとき、山本さんが側にいたという話がでてましたから。

なにげないエピソード的に語られていたけれど、ytvのイベントだから深読みすると「今はこんなにスムーズにいってます」的なアピールに聞こえなくもなかったり。

意外と歌の後のキャラクターショーが面白かったです。「最近のキャラクターショーは凝ってるなー」とつぶやいているお父さんがいたけれど、同意!ストーリーも演出も凝ってました。子供達も「ガンバレー!」の大声援。

ちなみに山本さんがステージに登場したとき、反応が薄かった女子高生くらいの少女たち。「作曲家の~」と紹介されても、「ふーん」「偉いんだ」。でも山本さんの歌いながらのノリノリパフォーマンスには好感をもったみたいでした。

親はライブで楽しめて、子供はキャラクターショーで歓声!親子イベントとしては充分よかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台車で運ばれるゼロ

見た瞬間、「ああー、ルルーシュなら熱中症で運ばれるよね」と思ってしまったコミケニュース。いつ流れてたやつか忘れましたが、ニュースで先週のコミケの模様を放送してたんですよ。

暑さで体力を奪われ、救護室に運ばれる人続出だったとか。ちょうど画面に映っていたのは、台車で運ばれる青い服のコスプレイヤーさん。意識は充分ある様子。

「なんだか見覚えのある服装…?」と思ったらゼロでした。「コードギアス 反逆のルルーシュ」の。ちゃんとゼロ仮面も手に持ってました。

気の毒だけど、笑っちゃいました。だって「ルルさんは(ドラマ上、体力ない設定になってるから)倒れるよね!」って思ったから。スザクなら倒れないだろうけど。

あの熱い中、暑苦しそうなゼロ・コスチュームで仮面もつけてがんばってたんだなーとレイヤーさんには感心するけれど、がんばりすぎ!倒れることによってルルさんのへたれっぷりを完全に再現したような勢い。

担架や車椅子が足りなかったのか、台車で救護室へ運ばれるというトホホなかんじも、いかにもルルーシュらしいというか…。

とはいえ、レイヤーさんたちも身体には気をつけてほしいものですよ。

見た感じ若そうに見えたし、ひどくなる前に大事をとって運ばれたように見えたから、もうしっかり回復しているだろうと思うけど。遊びで倒れてテレビに映っちゃあ、親に心配かけちゃうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイバとカバ

カイバ、いいですね。

オープニングで光に腕を伸ばすキャラの手が、いろんなキャラの手に変わっていくシーン。それぞれの幸せを目指してもがいているように見えて切ないなー。

アニメ「カイバ」は記憶を別の体に乗せ換えて、不老不死が実現できる世界(上流階級限定)。記憶の売買も可能。

この手の話はたいてい不老不死の是非話になって、「不老不死なんてくだらない。限られた命を精一杯生きることがすばらしい。限られた命バンザイ!」な話になりがち。

でも「カイバ」は、体の取り替え技術が確立されたことによって翻弄される人々の話。世界自体がいわゆる私達の常識とは違う世界観が構築されてます。

ビンボーな人はボディを売ってお金に換えることができるけど、そんな手段ができたためにあっさり体を失って、結局人生まで失ってしまう可能性のある世界。新しいボディの影響で気持ちが翻弄されたり。

体を簡単に取り替えられるから体の価値が低くて、何か悪いことをするとすぐ体を溶かされちゃう。体が溶けちゃうと記憶をチップ化していない人は、別の体に乗り換え不可。つまり死んじゃう。

そんなシビアな世界をカートゥーン・アニメか絵本のような丸っこいキャラクターで描いてます。

クロニコ萌えの人が多いのかなーと思うけど、私はカバが好き!動いたとき限定で。動いてないとイマイチなデザインなんだけど、動くと面白くて。口が利けないから基本パントマイム。オーバーアクション気味の動きがいいよね。

先が読めないというか、「この先どんな話になるんだろう」と楽しみにしています。

>カイバ(アニメーションノート) - アニメ設定資料集情報箱

7月にWOWOWでカイバの一挙放送がありますよん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤッターマンの壁紙ゲット

リメイクされたヤッターマン。叶姉妹とか篤姫とか現代の芸能パロネタ路線でいくのかな。それはそうとwebで公開されているヤッターマン×トウシバのFLASHアニメをみてきました。

メカデザインがちゃんと大河原邦男さんだったり、声優さんはそのまま使っていたりと結構お金かけてるカンジ。

もちろんヤッターマンの壁紙もゲットしましたよー。

どのボタンを押せばアニメが始まるのか、直感的にわかるつくりじゃないのがつらいかも。うちの回線が遅いせいか、アニメが始まるまでわりと待ちます。始まるとスムーズに流れるので別にいいんですが。

で、待っている間のムービーがわかりにくいんですよ。このボタンで正しいのかわからないから、あっちこっち他のボタンを押しちゃう…。わからなくて、最初はメカの説明のところばっかり見てました。

ヤッターマンのアニメが始まるのは1、2、3、などの数字のボタンです。それぞれ1話、2話、3話と別の話を見ることができます。回線が遅い人はのんびり待ちましょうね。

ところで、2話の型落ちPCをいたいけなお年寄りに売りつけるネタがヤバイかも。だって、10万円ですよ。そのくらいならPC量販店でやってそうな価格設定…ゲフンゲフン。

ヤッターマンの壁紙はわりと簡単にゲットできるので、欲しい人は挑戦してみるといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロダクションIGとマッグガーデン!?

毎日新聞のwebサイトで見ましたが、プロダクションIGとマッグガーデンが業務・資本提携するそうですよ。ちょっと意外な提携ですね。

プロダクションIGはアニメーション制作会社、マッグガーデンはコミックの出版社。プロダクションIG制作のアニメのコミカライズをマッグガーデンが、マッグガーデンのコミックのアニメ化をプロダクションIGが、という流れになるそうな。

「アニメとコミックの会社が提携するのは別におかしくないじゃない」と思うかもしれませんが、作品の方向性が微妙に違うような気がするのですよ、この2社は。相性はどうなの?という気持ち。

ちなみに今までのマッグガーデンのアニメ化作品は「西の善き魔女」「ARIA THE NATURAL」「びんちょうタン」「魔探偵ロキ」「tactics」「エレメンタル・ジェレイド」「あさっての方向」他。どれもIG制作ではありません。

IGの最近のアニメ作品は「xxxHOLIC」「シュヴァリエ」「攻殻機動隊」「BLOOD+」など。2007年春NHK放送予定の「精霊の守り人」も控えています。

どちらかといえば若年層向けのコミックが多いマッグガーデンと、もうちょっと上の世代向けのアニメをつくっているIGというように見えるのですが。お互い今まで弱かった分野を補強というかんじなんでしょうか?

個人的なわがままですが、もし「精霊の守り人」をコミック化するならマッグガーデンはちょっと…という気持ちがあるわけです。若い人向けのコミックを作っている印象があるので、「精霊の守り人」が軽いノリのマンガになったら少々ショックを受けるかもしれません、私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロミオとジュリエット

GONZOがアニメ化するらしいですね、ロミオとジュリエット。公式サイト「ロミオ×ジュリエット」を見てみました。

キャラクターデザインが原田大基さん。「ふしぎ星のふたご姫Gyu!」のキャラクターデザインの人ですね。

ロミオとジュリエットのキャラクターデザインが「ふしぎ星のふたご姫」のファイン、レインの両親トゥルース、エルザになんとなく似ているような…。カラーリングのせいだと思うけれど。淡い色合いはとてもいいかんじです。

ちなみに公式サイトによると原作と設定がかなり異なります。GONZOだから予想通りですが、シェイクスピアが泣いていそうです。これだけ変えるならロミオとジュリエットとつけなくてもいいかも…。まさか人間関係等の基本説明が省けて楽だから、という理由ではないでしょうね。

まだ公式サイトにはほとんど絵も出揃っていませんが、一応設定にざっと目を通した第一印象で言わせてもらうと…この二人教会で鐘を鳴らす気マンマンに見えます。原作どおり悲恋で終わるの?

なんというか、アンデルセンの「人魚姫」が「リトル・マーメイド」になっちゃったような予感?

ついでにGONZOアニメの「ガラスの艦隊」的要素がまじっているのが不安をあおります。

GDHが業績予想を下方修正したとかで、GONZOも現在放送している作品はともかく、これからつくる作品はそうそう遊んで(?)はいられないはず。がんばってくれるといいなあと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GONZOスタイル1周年記念セール

巌窟王やSAMURAI7などGONZOアニメの公式ショップ「GONZOスタイル」。最近テレビCMも流れているので名前くらいは知っているかも。

11月から1周年記念キャンペーンと銘打ってお買い得なセットをセール価格で売り出しています。キャンペーンといってますが、実質「セール」ですね。GONZOスタイルは基本的に定価販売なので、特典に魅力をかんじていたけど我慢していた人にはいいかもしれません。

私としては気になっているのは巌窟王とトリニティブラッドくらい。

巌窟王はDVDの全巻セット、特典付。DVDの初回限定版、全12巻にオリジナルトランプ、黄金プレート、特典DVDそしてなんと「巌窟王PRODUCTION BOOKカーテンコール」がセットに。

トリニティ・ブラッドもDVDの全巻セット、特典付。DVDの初回限定版、全12巻に「トリニティ・ブラッドアニメ設定資料集」がついてきます。

今から初回版でそろえたい人ならチェックしてみるといいかも。

「巌窟王PRODUCTION BOOKカーテンコール」も「トリニティ・ブラッドアニメ設定資料集」単品で販売されているので、すでにDVDを持っている人はよく考えるべし。

限定数で期間限定なので、要注意!

SAMURAI7の廉価版DVDセットがもう売り切れていてびっくり。まだ始まって2日目ですよ…。

他にもソルティ・レイやカレイドスター、スピードグラファー…etc.いろいろやっています。

第1弾~第4弾まで、開始期間をずらしているので気になる人は要チェック。

追記
SAMURAI7の廉価版DVDセットはキャンセルされたのか追加されたのか不明ですが、在庫が復活していました。


GONZOスタイル(GONZO公式ショップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GONZOの夏コミ販売グッズ

今年も夏のコミックマーケットが近づいてきました。地方モノには縁がない祭典ですが。参加する人は情報収集に余念がないことでしょう。

GONZOのコミケ販売グッズがそろそろ決まってきたようです。

SAMURAI7(サムライ7)、ウィッチブレイド、巌窟王、以下略。サムライ7は本放送はずっと前なのですが、NHK地上波放送が始まったのでグッズ展開が増えてきました。

サムライ7のキュウゾウ リアルコートが…しかも「レディースフリーサイズ」って…?「メンズ」じゃないの?

いやいや私の感覚が古いのかも?

キュウゾウタンクトップの「KYUZO I wated to live」ロゴとか。いや、言ってましたよ。確かに作品中で「生きてみたくなった」って。しかしえらいこと直球ですよ。

ついでにウィッチブレイドのスーツTシャツ。着ヤセ効果って言われても…。

おそらく私がターゲット世代じゃないからだと思いますが、GONZOのグッズは謎が深いです。予想外な商品展開というか、奇をてらったグッズというか。面白いですけどね!

難点は公式同人誌系以外はあんまり魅力的に見えないこと。まあ、私の印象ですが。

もうちょっと一般的なグッズ展開があってもいいと思うのですが…。ポートフォリオなんかはいいと思います。アニメーション制作会社だからできる商品を模索した方がいいんじゃないかと。

設定資料なんかは他で発売していたり、DVDの特典としてつけたりしているので作り手側としては今さら感があるのかも。

ファンにリサーチとかしないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)