« マイメロもやる時はやるのよ | トップページ | 僕はもう大人だから(マイメロくるくるシャッフル48話感想) »

レッドガーデン(性格描写)

5話まで見ました「RED GARDEN(レッドガーデン)」。4話までで主人公たちの「現在の状況」「生活環境の違い」などが描かれていましたが、5話では「性格の違い」が描かれていました。

もちろん4話までのそれぞれの行動である程度わかっていましたが、5話では重点的に描かれてましたね。

展開が遅いという印象はなく、むしろ「丁寧につくっている」かんじがして好印象。

クレア(ヒスパニック系・活発)の見つけてきた屋敷を調べに行こうと、ローズ(ふわふわ茶髪・内気)を誘うケイト(生徒会系)。

ローズは「弟、妹を迎えに行かなければいけないから」とケイトの申し出を断る。要するに「(こわいから)行きたくない」と穏便に伝えているわけですが、クレアは怒る。もちろん、ローズのいう言葉の意味するところがわかっていて怒る。

行きたくないなら行きたくないとはっきり言えばいいのに、そう言わずに了承されやすそうな別の理由を口にすること。レイチェル(金髪おしゃれ・勝気)のことを「私のせいで」と気に病んでいるようなこともいっていたのに、実際には行動しないこと。

この2点に怒る。はっきりいわないところや甘えているかんじがイヤなんだろうなあ、クレアは。そういう態度を「卑怯」と責めそうなタイプ。

ローズの気持ちがわからなくもないので、深追いしないケイト。

しかしクレアも決して怖くないわけではなく、調査に行った屋敷でわずかな物音におびえる。その落ち着いた態度は虚勢だった…。

レイチェルは変わり果ててしまった日常に恐慌し、変わらぬ日常を謳歌する遊び仲間たちの様子にいらだちをかんじている。遊び仲間たちも、急に態度がおかしくなったレイチェルに不信感を抱く。

4人の態度はバラバラですが、わかりやすいし、想定内なので安心。よかった…突拍子もないキャラはいないようです。わりとすんなり共感できそう。

状況が「あなたたちは死んでいるけれど、そのまま生き続けていたいなら化け物と戦いなさい」という突拍子もない話。これでキャラまでとんでもキャラなら「リアリティはどこに」というところですが、バランスはとれていますね。

多少の不思議状況には目をつぶりますので、話が破綻しないことを期待してます。いっそのこと葬儀屋は宇宙人でもOKですよ。

|

« マイメロもやる時はやるのよ | トップページ | 僕はもう大人だから(マイメロくるくるシャッフル48話感想) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドガーデン(性格描写):

« マイメロもやる時はやるのよ | トップページ | 僕はもう大人だから(マイメロくるくるシャッフル48話感想) »