« マイメロの日の方がよかった(くるくるシャッフル7話) | トップページ | 3弦が半音下がってる(マイメロくるくるシャッフル11話) »

世界で一番美しいオレ(マイメロくるくるシャッフル9話)

修学旅行編。今回は京都「おねがいマイメロディくるくるシャッフル」。

「小暮が好き女の子は「歌」」とクラスメイトから聞いた潤。

柊(兄)のことで小暮と潤は意気投合。小暮に修学旅行の「いい思い出」を作ってあげようとする潤。歌に「悲しい思い出を残したくない」小暮。ダークパワーの件以降登校せず京都にコンサートに来ている柊(恵一)のことが気になる歌。

いいじゃないですか、今回。

では、9話「スキって言えたらよろしおすナ!」感想。

小暮と潤のモノマネ柊が…。

潤「くだらん(効果:キラキラ~)」
小暮「世界で一番美しいオレ(効果:キラキラ~)」

この二人の柊像ってどこかゆがんでるよ。潤は弟のくせに、案外兄の実像を的確につかめてないところがなんとも。そんなだから二人ともダメなのよ…。「顔だけ」じゃなく「才能」に触れていないのはくやしいから?

その頃の柊。

柊「また世界を滅ぼしてみたくなった(効果:キラキラ~)」
セバスチャン「ぼ、坊ちゃま~」
柊「冗談だ」
セバスチャン「ほーっ(安堵)」
柊「とも言い切れない」

同じキラキラ~でもセリフに格の違いが…。

今日のマイメロママ語録。

(ケーキのデコレーションをしながら)「女ってね、ダメな男ほどほおっておけないものなのよ」。

この言葉をマイメロパパが聞いてる前でいうママは相当悪女(ワル)だよ。

クロミノート:NO.752
遠足の昼食後、バス移動直前。マイメロの姿がないのに気づき、心配して探すクロミ。しかし、マイメロは一足先に遠足バスの中。クロミを置いて出てしまうバス。

クロミ、よく気がつくやさしい子なんだよねー、基本的に。友情に篤いタイプだし。かわいそうに、マイメロと付き合ってからどんどんゆがんで…。

くるくるシャッフルは当然みんなの(?)「ウサミミ仮面」。

ウサミミ仮面はおぼれるマイメロをスルーして歌を助けに。マイメロ助けても悪夢魔法を解除できない(=ウサミミ仮面としての任務は終了できない)ことがわかってるので、効率一辺倒。

ヒツジ仮面に助けられたマイメロ。駄目押しの「ウサミミ仮面さん、おねがい」で思わず青ざめるウサミミ仮面。

助けてもらった歌の「あなたは誰なの?」に「さらばだっ」と答えてしまうウサミミ仮面。嫌がっていても着実に「ウサミミ仮面」が板についてきているのか?柊。

「今日はしらけたからやりたくない」とコンサートを中止する柊。そりゃあ、出番前にウサミミ仮面じゃね。芸術家はナイーブなものだけど、やっぱり柊も人の子。

コンサート会場前に柊を呼び出した歌。あいかわらず柊は木で鼻をくくったようなしゃべり方。中止になったと聞いて「先輩のバイオリンが聞きたかった」という歌の言葉には、かすかに笑みを浮かべる柊。

この男、やっぱりバイオリン大好きなのか。それとも「先輩の」に反応したのか。

歌のおみやげが柊の心象風景で光を放ってたのは、歌の「(先輩の心に届いたらいいなという)気持ち」で柊に届いたわけではない、かな。あのときの柊の表情は出なかったから、たぶんね。

最後にきっぱり潤に対して「歌がスキなこと」を否定してしまった小暮。潤は帰国子女のためか「言葉」をそのまま受け取る素直なタイプ。このあと話がややこしくなってくる予感。

来週は時事ネタ(?)サッカー。


|

« マイメロの日の方がよかった(くるくるシャッフル7話) | トップページ | 3弦が半音下がってる(マイメロくるくるシャッフル11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一番美しいオレ(マイメロくるくるシャッフル9話):

« マイメロの日の方がよかった(くるくるシャッフル7話) | トップページ | 3弦が半音下がってる(マイメロくるくるシャッフル11話) »