« ねこねこ、いいこ(化猫「大詰め」感想) | トップページ | ノエイン24話「ハジマリ」 »

ノエイン23話「オワリ」感想

ノエイン23話「オワリ」。ああ、次回とうとう最終回ですよ。今のところここまでみてきてよかったなあという内容です。

原作がない場合、後半ぐだぐだになりがちなオリジナルストーリーが多い中でよくがんばったと思います。アニメスタッフGood Job!

未来はわからないからおもしろい、という言葉がアトリの口から出るとは。ただ暴れ足りなくて函館にやってきたアトリが、いろいろあった末にミホに出会って、かりそめの穏やかな日々をおくって。カラスが変わっていくのを見て。

そしてようやく出てきた言葉。連続ドラマの醍醐味みたいな言葉ですね。

結局、アトリがカラスを嫌っていた理由は、最初から言ってたように「不幸面」の一言に尽きるんでしょうね。不幸な過去を経験しているのはカラスだけではないのに、それをいつまでもひきずっているように見えたから。

不幸体験では引けをとらない、つらい体験をしてきたアトリからみるとそういう姿がうざかったと。

カラスもユウに「お前ならできる」といえるようになったのも時間とドラマの流れを感じさせるいいシーンでした。

ところで今日の話、機関車トーマス風に言うと「このお話の出演はユウ、ユウ、そしてユウ(森本レオの声で)」という内容でした。

これはうまくまとまりそうな予感。

次回「ハジマリ」ミンナノネガイ、トドイテクダサイ。

|

« ねこねこ、いいこ(化猫「大詰め」感想) | トップページ | ノエイン24話「ハジマリ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノエイン23話「オワリ」感想:

« ねこねこ、いいこ(化猫「大詰め」感想) | トップページ | ノエイン24話「ハジマリ」 »