« 地球さんはマイメロが救う | トップページ | 税金集めてお祭り騒ぎ »

ドキドキ化猫

ミステリというかサスペンスというかそんな印象。「怪~AYAKASHI~」化猫第2話みました。

舞台はある武家屋敷。婚礼の最中に怪死を遂げた花嫁。「花嫁の死はモノノケの仕業」だという薬売り(声:櫻井孝宏)の登場。次々起こる怪事件。難を逃れるため、屋敷の者たちは薬売りが結界をはった部屋に集まる。

第1話はこんなかんじらしいです。

で、第2話。

薬売りがもつ退魔の剣は斬るモノの「形、真、理」がわからないと抜けないとのこと。今のところわかっているのは形=化猫ということだけ。

「真(事の有様=何があったのか)」「理(心の有様=何を思っているのか)」が揃わない。

「真」を話すように一同を促す薬売り。

次々と語られる「猫」に関する屋敷内でのエピソード。たあいのない話から残酷な話まで。しかしその中に「真」はない様子。

ついに結界をやぶって襲いくる化け猫。増える犠牲者。奥へ奥へ……なんとか隠し部屋へ落ちのびる人々。

そのときようやく「真」を知る者が重い口を開いた……。

大筋はこんなところかな。

この作品テクスチャ多めにつかってますが、見づらくはないです。女性好みの淡い色彩。見易さも考慮してるのでしょう。さすがはノイタミナ枠。

絵柄は浮世絵を現代風にアレンジしたようなかんじ。いいですねー。話のドッキリ感も面白いしテンポもよし。

気になったのが薬売りの顔の隈取。歌舞伎の隈取みたいな感じなんですが、最初見たときはてっきり「赤隈(正義のヒーロー)」だと思いこんでました。

でももうちょっと鈍い色のような……。もしかして茶色?だとすると意味が変わってくるなー。

ところでご隠居の声が大塚周夫氏。子供の頃からさんざんこの人の悪役作品を見てきたせいか「犯人はお前だなー!!」といいたい気持ちがひしひしと。

まあ、どちらにせよ来週で決着がつきます(全3話)。見逃さないようにしないと。

|

« 地球さんはマイメロが救う | トップページ | 税金集めてお祭り騒ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキ化猫:

« 地球さんはマイメロが救う | トップページ | 税金集めてお祭り騒ぎ »