« 蟲師第14話「籠のなか」感想 | トップページ | 蟲師第16話「暁の蛇」感想 »

蟲師第15話「春と嘯く」感想

蟲師第15話「春と嘯く」。またギンコが余計なことを?と思ったら今回はまあ、仕方がないか。

冬に見せかけの春を演出して動物をおびきよせる蟲って、これまた手が込んでますね。蟲がつくった春の光景が美しい!

私は町育ちだからああいうかんじの春の訪れはTVでしか見たことがないんですけど、町の人間が想像する山の「春」っていうイメージをうまく絵にしているかんじでした。

蟲とミハルは今までうまくやってきたけど、それは蟲とミハルが親しい関係にあるという意味ではない、ということ。それを理解しておかなければ、今回と同じように命にかかわる危険があるということ。

ということをようやく蟲好き少年ミハルは学んだという話でした。ただ「蟲が好き」だけではいかん、ちゃんと蟲の性質を学んでうまくつきあっていけ、ということですね。

今回のギンコの活躍は、

・家計が楽じゃないミハルの家で、長いことただ飯をごちそうになった(蟲について個人授業はした)
・ミハル昏睡の原因を作ったまま立ち去った(悪気なし)
・一年後再訪。責任を感じて(?)調査したものの自分も行き倒れた
・倒れる前になんとか治療方法をGETしていたので、ミハルともども助かった

こんなところ。

迷惑なんだか、ありがたいんだかよくわからないんですが、まあいいか。

|

« 蟲師第14話「籠のなか」感想 | トップページ | 蟲師第16話「暁の蛇」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師第15話「春と嘯く」感想:

« 蟲師第14話「籠のなか」感想 | トップページ | 蟲師第16話「暁の蛇」感想 »