« 蟲師第12話「眇の魚」感想 | トップページ | ノエイン第15話「シャングリラ」感想 »

蟲師第13話「一夜橋」感想

私の放送地域だと「ローゼンメイデン トロイメント」と重なる時間帯。まあ、蟲師優先なんですけどね。

しかし、この時期リアルタイムに視聴するとホントに寒い……。風邪に気をつけないと。

今回ギンコがよばれたのはひなびた農村。

高い橋から谷へ落ちた娘がたいした傷もなく生還する。しかし魂が抜けたようになってしまう……。単なる状況説明ならそういうこと。

しかしそれにまつわる事情はこういうこと。本家がらみの縁談が決まった娘が好いた男とかけおちしようとする。しかし、村を逃げだすことによって実家にかかるであろう後難を恐れる娘。村と外をつなぐ橋の途中でためらい、足を踏み外し……。

男は以前から村八分だったのか、娘を「谷戻り」にしたことで村八分にされたのか、そのへんよくわからなかったのですが、どちらでもいいかも。

とにかく男はこの村に未練がなかった、けれど娘にはっていうのが悲しい。そういう意味でも無理がある関係だったのかも。

どんな形でもいいからとにかく「生きていて」ほしい、っていうのも本人とその世話をする家族以外の人間のわがままかなぁ。

私の亡き祖母も終わりごろはかなりボケちゃってて、世話が大変だったらしいのですが、訃報を聞いたときには「生きててくれるだけでもよかったのに」って思っちゃいました。

でも世話をする家族はホント大変だから……。

男の「彼女が生きててくれるだけで……。」っていうのもある意味身勝手な発言。意地悪い見方をすれば、生きて(動いて)さえいれば罪悪感は少なめですむ……ってことだし。

彼女はもう死んでいるのに。

ところでギンコと男が渡ろうとした橋。ムチャです。いくら夜で視界が悪い(谷底が見えない)といっても、足下に板を渡してない橋なんて怖くて渡れないよー。

「こちらからなら渡れる」という話以前に、足下踏み外し率高いです。

今回の話、死者がかえってくるという話つながりで「屍鬼」(著者:小野不由美)を思い出しました。接点はそこだけで、全く雰囲気の違う話ですけどね。

|

« 蟲師第12話「眇の魚」感想 | トップページ | ノエイン第15話「シャングリラ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師第13話「一夜橋」感想:

« 蟲師第12話「眇の魚」感想 | トップページ | ノエイン第15話「シャングリラ」感想 »