« 蟲師第10話「硯に棲む白」 | トップページ | ノエイン第13話「ネガイ」 »

ノエイン第12話「タタカイ」

父からの電話でカラスとフクロウのことをそれとなく相談するハルカ。しかし「一度殴りあいでもすれば(以下略)」という答えにがっかり。

姿が見えなくなったカラスを探すハルカ。そんなハルカに冷たいユウ。

その頃、港ではカラスとフクロウの最後の「殴り合い」が始まってしまうのでした。

また時の放浪者登場。ここでまた一つのルール説明。これらのルールを理解して、どうよりよい未来を導き出すかってことでしょうか。カラスはどうするべきかある程度目算があるのか?

「オレの楽しみを横取りさせない!」ってありがちなセリフを残してフクロウたちのところへ向かうアトリ。

いきなりユウの前に現れるトビ。でたーっ「未来人」。懐かしいセリフだわ。「謎の転校生」……は違うな。「時をかける少女」も違ったっけ。なんかなかったけ。「時間砲計画」?

カラスとフクロウを見つけて戦いを止めようと説得するハルカ。しかしもう半分人間やめちゃってて「アトリ」という存在だけになってしまったようなアトリ登場。絶好調。

絶妙なコンビネーションでアトリを退けるカラスとフクロウ。そして和解。しかしノエインさん登場。……そういう大事なことはもっと早くに伝えておくよーに!行きがけの駄賃みたいにフクロウをバラバラにしていくな!

今回は次回予告もなし。予告もなしに年を越したのでした。と録画を見ながら書いてます。この回は年末だったので見る時間なかったから。

年末からノエインの感想をずっと書いてなかったので、まとめて書いていきますよ。

|

« 蟲師第10話「硯に棲む白」 | トップページ | ノエイン第13話「ネガイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノエイン第12話「タタカイ」:

« 蟲師第10話「硯に棲む白」 | トップページ | ノエイン第13話「ネガイ」 »