« ノエイン第10話「アラシノヨル」感想 | トップページ | 蟲師第10話「硯に棲む白」 »

ノエイン第11話「スレチガイ」感想

ノエイン11話「スレチガイ」感想です。「神はサイコロを転がさない」。量子物理学の説明がー。結構時間さいてます。高校時代、理科の科目は物理、地学、化学、生物の順に苦手だった私には少々つらい……こともなかったです。「マジックサークルプロジェクト」の内容はわかりました。他もなかなかわかりやすく説明してくれているような。

「量子を観察できない理由」とか「量子の存在する無限の可能性の話」。なんだか面白いですね。こういう話はテストがなければ面白い。

自分の意思で受験を決めるユウ。サッカー部に戻ることをすすめるイサミ。けんかをする二人。イサミの家庭環境が明らかになりましたね。両親が亡くなっていて祖母と兄弟妹4人暮らしなんですね。「フライングボンバー」を仕掛けてくる兄貴はいい人だー。「本物の親友なら、離れ離れになってもその友情に変わりはなーい」っていい話もしてくれるしね。

ハルカ母の料理。「めんどくさい」は共感できるけど、画面に出ている材料は長ネギ、大根、玉ねぎ、ピーマン、ナスビ、にんじん、ニンニク、トマト、卵、ハム(?)、キャベツにチンゲンサイ(?)などなど。皮むきがめんどくさいのはにんじんくらいか……。大根、玉ねぎは楽だし。他は洗って切るだけ。材料あるから味噌汁でもスープでも作れるよー。汁物は一品でもおなかふくれるし。先にお米といで炊飯器に任せてからスープにとりかかろうよ……。炒め物でもいいし。昼ごはんつくろうよ。凝った料理作らなくていいから。

夕焼けのベンチで出会うアイとフクロウ。「まいったな。おじさんかよ」って先週自分で言ってたくせに、アイに言われるのはまた別なのか、やっぱり。

仲直りをするユウとイサミの会話を聞くカラスとフクロウ。つかの間「ユウ」と「イサミ」に戻る二人。でももうあの頃には戻ることはできない……。

次回「タタカイ」モウ、ヤメラレナイノデスカ?

バンダイチャンネルで2006年1月5日(木)17:00~2006年1月10日(火)17:00までノエイン第1話から5話までを無料配信するそうです。最初の方見逃した人はこれがチャンスだ!

ところで、言い忘れてました。あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします。

|

« ノエイン第10話「アラシノヨル」感想 | トップページ | 蟲師第10話「硯に棲む白」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノエイン第11話「スレチガイ」感想:

« ノエイン第10話「アラシノヨル」感想 | トップページ | 蟲師第10話「硯に棲む白」 »