« 「巌窟王」前田監督「週刊アニたま金曜日」ゲスト出演 | トップページ | 飯塚武史サモンナイト画集感想 »

蟲師第8話「海境より」感想

今回の登場人物シロウはひなびた漁村で妻を待つ男。その浜には海からいろいろな品物が流れ着く。シロウも数年前、妻をともなって故郷に向かう舟が転覆し、この浜に流れ着いた男。

別の舟に乗っていた妻は行方しれずのまま……。生死が定かでない妻「みちひ」を思い切ることができず、ただ浜で待ち続けるシロウ。

実は、故郷へ向かう舟に乗る前に二人は口論しました。そのときシロウはみちひに冷たい言葉をあびせます。「陸についたら謝ろう」そう思っていた矢先の予期せぬ別れ。苦い後悔。

さらに数年後。シロウはそのまま漁村におちつき、大切に思える女性「ナミ」がそばにいました。その頃、浜では何かの前兆のような異変が続いていました。それぞれに不安を抱えるシロウ、ナミ。

村に現れるギンコ。数年前にシロウから身の上話を聞かされ、その答えをもってやってきたのでした。数年前の海でシロウの舟が転覆した原因と、今起こっている海の怪現象との関係について。なぜシロウが助かり、みちひが海に消えたのか。

そして、シロウとギンコは海に向かうのでした。沖に来ているものを確かめるために……。

今回は悲しいお話。みちひはシロウが働いていた店の主人の娘。シロウとみちひ婚約し、彼に跡を継がせるという話さえあったけれど、店の経営状態悪化のためクビに。ひなびた土地の故郷に帰ることを決めたシロウ。そんな彼についてきたみちひ。

みちひはお店のお嬢様。長女ではないということで少々甘やかされてきた感じの娘。おそらく町育ちで田舎ははじめて。住み慣れた町や親から離れてひとり知らない土地、シロウの故郷へ向かうことに不安があるのは当たり前だと思うのです。そのためについ愚痴が口をついて出て、シロウをなじってしまう……。

そんなみちひに本気半分、勢い半分である言葉を口にしてしまうシロウ。シロウも店をクビになっていること、これからの二人の生活のこと、いろいろ考えてしまうのでつい口がすべったという感じです。

みちひはそんな彼の言葉に傷つきます。そこに本気が混じっているのを感じたから。嘘100%なら否定できますが、何%か本気が混じっている場合、どこまでが真実でどこまでが嘘か見分けがつきにくいもの。そしてその動揺こそが、シロウとみちひのその後を分けた……。

シロウはこれで気持ちの区切りはついたものの、心の中にかかえていくことになるんでしょうね。

ところで今回の絵コンテは平松禎史氏。公式サイトで見たとき夜中で疲れていたためか、「ガイナックス系の人」ということだけ覚えていて、次の日にはなぜか「今石洋之氏」絵コンテと勘違いしてました。「きっとギンコVS蟲の息もつかせぬバトルアクションがあるのだわ」なんて思ってました。バカですね……。

ちなみに今回の話は特装版だとDVD第2巻、通常版だとDVD第3巻に収録されています。

|

« 「巌窟王」前田監督「週刊アニたま金曜日」ゲスト出演 | トップページ | 飯塚武史サモンナイト画集感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師第8話「海境より」感想:

» 蟲師「第八話 海境より」 [ツッコミを極めると魔法が使えるようになるって(仮題)]
(C)漆原友紀/講談社・『蟲師』制作委員会 今回の御咄、わたし的ムッシッシベス [続きを読む]

受信: 2005/12/12 23:00

« 「巌窟王」前田監督「週刊アニたま金曜日」ゲスト出演 | トップページ | 飯塚武史サモンナイト画集感想 »