« ノエイン第2話「イエデ」感想 | トップページ | ノエイン第4話「トモダチ」感想 »

ノエイン第3話「オワレテ…」感想

今回も途中から視聴。TVをつけたら、ユウがアトリにぎゅうぎゅう踏まれていました。アトリはカラスが嫌いらしい。「どの次元(時空だったかな?)のカラスも…」といっていたので相当嫌いらしい。

嫌いな理由(?)としてあげていたのが、目つき、手柄を独り占めする、不幸面。そういうアトリ自身の目つきもよくないし、単独行動でつっぱしるし、ひねくれた顔つき(どちらかといえば不幸そう)。

ユウとハルカを殺そうとしたところに、カラスが邪魔にはいって失敗。彼は未来(?)にもどったわけですが、あちらで拘束されていて精神的にも肉体的にも不安定な感じ。再び過去世界に登場できるのでしょうか。

絵で見る限りアトリは「ハヒフヘホ」の「ヒ」の音で笑いそうな甲高い声のキャラかと思っていましたが、ありがちなキレキャラ声でもなくていいかんじでした。

ハルカとケガをしたユウは帰宅。事件はカラスの仲間達によって隠蔽。次の日ハルカがカラスに捕まったところで今回終了。

カラスは「一緒に行こう、ハルカ」と言ってましたが、未来世界のハルカはどこに?第1話でユウに対して、ハルカを守ることはできないと言っていることから、何らかの形で別離したということでしょうか。予告のナレーション「またあの夏の日の夢をみている」はいつ、どこのハルカの台詞なのか気になるところ。

龍のトルクの力もまだ今ひとつよくわかりません。アトリを吹っ飛ばしたり、青い雪を降らせたり。

前回ちょい見した部分だけではわかりませんでしたが、「未来から」+「別次元(時空?)」ということらしいです。「過去かつ別次元の自分」がカラス(大人)=ユウ(子供)ということですね。だったら過去の自分に未来の自分が会うのはNGというSF設定は関係なくなるわけか……。

次回いよいよノエインさん登場。人名だったんですね。


|

« ノエイン第2話「イエデ」感想 | トップページ | ノエイン第4話「トモダチ」感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノエイン第3話「オワレテ…」感想:

» ノエイン #3 [日々の記録]
ハルカたちの時空におけるカラスが、ユウでした。それが原因で、カラスと敵対している [続きを読む]

受信: 2005/10/30 02:54

« ノエイン第2話「イエデ」感想 | トップページ | ノエイン第4話「トモダチ」感想 »