« ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター公式設定資料集 | トップページ | 紅い道(創聖のアクエリオン第21話) »

けがれなき悪戯(創聖のアクエリオン)

19話「けがれなき悪戯」は大変面白かったです。総合的に見るとかなり楽しませてもらいましたが難点もあり。

異世界描写も夢の世界などでよくある描写。もっさりキャラクターの絵には最初は驚きましたが、絵の構図や動きがよくてそんなに悪くないと思ったのですが…。時々とんでもなく不細工な絵が混じっているのですね。特にシルビア。

わざわざ今回のために通常とは別のキャラクター設定をおこすくらい力が入っていたわけだから、不細工な絵も意図したものだと理解しています。多少不細工な顔でも愛嬌のある顔なら嫌な感じはしません。けれども何箇所か人の欠点を強調したような「底意地の悪い似顔絵」みたいな絵が。

「創聖のアクエリオン」で思い入れのあるキャラは特にいないのですが、そんな私でもちょっとひっかかる絵。

この絵で笑ったらなんだかそのキャラクターの見た目の悪さを物笑いにしているような居心地の悪さをかんじて。アポロの「ブスがもっとブスになってるぞ」が全然しゃれになってない(アポロのセリフのところのシルビアは別に悪くないですが)。

シリウスと麗香のやりとり(「見なかったことにするわね」辺り)には素直に笑えたのですが、女の子が愛嬌のない不細工に描かれるのは見ていてちょっとつらいー。まあ、アクエリオンは基本的にギャグアニメとしてとらえているので、それほどつらいわけでもないですが。

ブランコのリーナなんかはシンプルな線でもかわいい絵で、いつもの絵よりも好みかも。

話はギャグあり、禅問答あり、音翅(オトハ)による過去設定語りありで実にテンポがよかっただけに残念です。絵も最初のアポロとシリウスのプール対決やブランコのシーン、戦うアクエリオンなんかはとてもよく、背景美術や色遣いは好みで、動きは申し分なかったです。

作画の話はこれくらいにして、また少しだけ堕天翅側の過去語りがありましたが、オトハの「怒りではなく愛しているから」に苦笑。きっついなー。当時の事情を知らない子供の双翅(フタバ)にわざわざそんなことまで言わなくても。頭翅(トーマ)の立場なし!

フタバに質問されたのが両翅(モロハ)だったら、いくら普段トーマをライバル視していても、武士の情けで適当にごまかしてくれたかも。

裏切り者の名前は「アポロニアス」で本当に正しいのでしょうか。なんだか他にもいそうな気が。深読みのしすぎかな?

|

« ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター公式設定資料集 | トップページ | 紅い道(創聖のアクエリオン第21話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けがれなき悪戯(創聖のアクエリオン):

« ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター公式設定資料集 | トップページ | 紅い道(創聖のアクエリオン第21話) »